TOPページ > ホワイトニングで歯を白くする > 歯のホワイトニングの料金と費用

歯のホワイトニングとは?

スポンサードリンク


歯のホワイトニングとは、様々な理由で黄ばんでしまった歯を漂白して白くすることです。以前は歯を削って、白い義歯を装着したり、薄いシートを歯に貼りつけて白く見せるなどの方法が取られていましたが、現在は過酸化水素の薬剤を利用して歯を漂白する方法が一般的になっています。

白い歯は好印象を与えるということで、昔から芸能人などはよくホワイトニングを歯医者で受けるようですが、今ではホワイトニングは一般の方でも積極的に
行っています。歯のホワイトニングには歯医者で行うオフィスホワイトニングと家庭で行うホームホワイトニングがありますので、わざわざ歯医者に行かなくても、自分で行えるのです。

歯は食べ物や飲み物、加齢や遺伝などが原因で徐々に黄ばんできます。少々の黄ばみならあまり目立ちませんが、中にはひどく黄ばんで、人前で話したり笑ったりすることができないという人もいます。そんな人もホワイトニングをすれば、真っ白な歯を取り戻せるので、自信を持って人前に出られるようになるでしょう

 

ホワイトニングの料金・費用

ホワイトクリーニングの料金は歯医者によって異なります。ホワイトクニングに使用する薬剤や導入している機械、設備などによって歯科医が独自で料金を設定するからです。

ですから、歯科医が行うオフィスホワイトニングは高いところで数十万円もするところがあったり、1万円程度しかかからないところがあったりと色々なのですが、5万円程度の料金を設定しているところが多いようです。

オフィスホワイトニングを考えている方は歯科医を選らばなくてはなりませんが、料金は歯科医を選ぶうえ重要な項目でしょう。料金が高いからといって、優れたホワイトニングであるとは限りませんし、安いからといって下手なホワイトクリーニングであるとも限りません。口コミなどを参考にして、ホワイトニングが上手な歯科医を選ぶようにしましょう。

また、ホワイトクニングは一度すれば、ずっと効果が持続するものではありません。時間が経つにつれ、歯はまた元の色に戻ってしまいます。そうなると、またホワイトニングを受けなければならないので、そのようなことも考えて、あまり高い料金の歯科医はやめておいた方が良いと思います。

オフィスホワイトニングは高くて手が届かないという人は、安い費用で済むホームホワイトニングを試してみましょう。セットで2万円くらいで購入できます。しかし、期待するほどの効果が出るとは限りませんので、よく検討してください。

 

歯医者のホワイトニングの価格

歯医者のホワイトニングの価格は、歯医者によって異なりますが、大体5万円前後です。中には20万円くらいの価格を設定している歯科医があったり、1万円くらいの価格のところもあります。

歯医者のホワイトニングの価格はこのように、歯医者によって大きな差があります。

一般的に価格=技術の高さと考えがちですが、高い価格を設定している歯医者では様々な経費を上乗せしている場合がありますので、十分に注意しましょう。

しかも、ホワイトニングの効果は一生続くわけではありません。そのままにしておくと、6ヶ月ほどで色が元に戻り始めます。

ホワイトニングの効果を持続させるには、歯医者で定期的な手入れ(タッチアップホワイトニング)が必要になります。一度ホワイトニングを受ければそれで終わりというわけではないのです。

ですから、歯医者とは長いつきあいになっていきますので、無理をして高い価格の歯医者を選ぶと、後々苦労するのではないかと思います。

ホワイトニングの歯医者を選ぶときは、このように後々のことも考えて、信頼できる歯医者にすべきです。カウンセリングを受けると、どのような歯医者か判断できると思いますので、色々な歯医者のカウンセリングを受けてみましょう。

 

ホワイトニングの効果

ホワイトニングの効果は何と言っても白くて美しい歯を取り戻すということです。白い歯が口から覗いていたら、それだけで多くの人に好印象を与えることでしょう。

歯が黄ばんでいてもあまり気にしない人もいますが、黄ばみを気にして人前に出ても話しをしたり、笑ったりすることができず、内向的な性格になってしまっている人もいるようです。

そんな人たちはホワイトニングを受けて白い歯になることによって元来の明るい性格を取り戻すことができます。

ですから、ホワイトニングは見た目だけではなく、内面的な部分にまで効果を発揮すると言うことができるでしょう。

しかし、ホワイトニングは、テロラサイクリンという抗生物質によって歯が変色している場合などは効果が出ません。ホワイトニングは歯の表面のエメナル質に浸透した色素を無色にしますが、抗生物質で歯が変色した場合はエメナル質の内側にある象牙質が変色しているからです。

歯の変色の原因は様々で、中には抗生物質を服用したときのように、象牙質が変色している場合もあります。そのような場合はホワイトニングの効果は得られませんので、カウンセリングを受けたときに医師に相談してみましょう。

また、義歯にもホワイトニングの効果は現れません。義歯を白くしたい場合は、歯医者で新しい義歯に取り替えてもらいましょう。

 

歯を白くする方法

ホワイトニングには歯科医で行うオフィスホワイトニングと、自宅で行うホームホワイトニングがありますが、この2つのホワイトニングでは歯を白くする方法が違います。

ホームホワイトニングは、歯科医に作ってもらったマウスピースに微量の過酸化水素が入った薬剤を付けて歯に装着するという方法です。歯が白くなるには時間がかかりますが、時間がかかった分、色が戻りにくいというメリットがあります。

一方、歯科医で行うオフィスホワイトニングは、過酸化水素が入った強い薬剤を歯に直接塗布し、レーザーや光エネルギーを照射するという方法です。

ホームホワイトニングとは違って歯が一気に白くなるというのがメリットです。しかし、一気に白くなった分、歯の色が戻りやすいと言われています。

ホワイトニングは、このような方法で行われますが、白い歯を保つにはこの2つの方法を併用することがおすすめです。

つまり、オフィスホワイトニングで一気に白くして、その後定期的にホームホワイトニングを行うのです。そうすれば、通常は3~6ヶ月で色が落ちてしいますが、1~2年は持たせることができます。

ただし、このような方法で歯を白くする努力をしていても、歯に色がつきやすいコーヒーや紅茶、コーラといったものを摂っていると、歯はすぐに変色してしまいます。せっかくホワイトニングしたのですから、このような飲み物はなるべく避けるようにしましょう。

スポンサードリンク


▲サイトトップへ戻る



オススメのサイト
自動車保険の見積もりはここ
自動車保険 一括見積もりサイトを利用して、保険料が2万円以上安くなった私の体験談を公開しています。

レーザーやライトを使ったホワイトニング