TOPページ > 人口の歯でホワイトニング > メタルボンドの効果と価格・値段

メタルボンドについて

スポンサードリンク


メタルボンドとは、外見がセラミックで、中身は金属でできている被せ歯、差し歯です。陶材焼付鋳造冠と呼ばれることもあります。色が本物の歯に似ているので、見た目がとてもきれいな被せ歯、差し歯です。

メタルボンドは中が金属でできているので、非常に強度があり、変色もしにくいので、どこの部位の歯でも使用でき、とてもよく使用されています。金属アレルギーの人でも、中に使う金属を貴金属にすることで、金属が溶け出すこともありませんので、安心して使用することができます。

しかし、金属の種類によっては、長年使用している内に金属が溶け出す可能性があり、金属アレルギーを引き起こしたり、歯茎が変色してしまうこともありますので、メタルボンドを装着するまえに、どのような金属を使用するのか確認しておくことが大事です。

また、メタルボンドは外見は良いですが、裏側から見ると金属が丸見えです。それが気になる人はメタルボンドは向きませんので、他の治療法を検討しましょう。

 

メタルボンドの価格・値段

メタルボンドの治療には健康保険が適用されませんので、歯科医がそれぞれに設定した価格・値段になります。メタルボンドの価格・値段は歯科医によって異なりますが、平均的な価格・値段はメタルボンド1本で8万円~10万円です。

メタルボンドは強度があって、本物そっくりの被せ歯、差し歯です。前歯をはじめ、奥歯などほとんどの歯に対応できるので、とてもよく使用されていますので、メタルボンドの治療はほとんど歯科医で受けることができます。

しかし、歯科医によっては価格・値段が高額な場合がありますので、治療を受ける前に、色々な歯科医の価格・値段を比較することをおすすめします。

メタルボンドの治療は、安い価格・値段の歯科医が良いというわけでもありませんし、高い価格・値段の歯科医が良いわけでもありません。メタルボンドは治療をする歯科医によってすぐに外れてしまったり、欠けてしまったりなどのトラブルが起こってしまいますので、歯科医を選ぶときは価格・値段だけでなく、技術面にもしっかり目を向けるようにしましょう。

 

歯科で行うメタルボンドの効果

歯科で行うメタルボンドの効果は、変色した歯を白くすることができるということです。

メタルボンドは表面はセラミックでできていますが、中は金属でできているので、本物の歯のような白さだあり、とても強度があります。保険内で利用できる差し歯や被せ歯は安いですが、変色が起こりやすく、強度もあまりありません。そのため、何年かおきに取り替える必要がありますが、メタルボンドの場合はそのようなこともありません。

しかし、メタルボンドは金属を使用しているため、金属アレルギーのある人は心配に思うかもしれませんが、貴金属を使用したメタルボンドなら金属が溶け出すこともありませんので、金属アレルギーの人でも安心して使用することができますし、金属によって歯が変色するということもありません。

また、メタルボンドは強度があるので、全ての歯に使用することができます。保険内の治療では奥歯などは金属の被せ歯や差し歯が使われますが、目立ってしまうので嫌なものですよね。そのようなときもメタルボンドはおすすめです。担当の歯科医に相談してみましょう。

 

メタルボンドで歯は白くなるの?

メタルボンドは表面がセラミックで中が金属でできている被せ歯、差し歯です。メタルボンドは表面がセラミックですので、色が本物の歯の色によく似ています。ですから、変色した歯をメタルボンドに替えることで、自然な白い歯を手に入れることが可能です。

しかも、メタルボンドは中身が金属ですので強度があり、前歯だけではなく全ての歯に使用できます。ですから、奥歯が変色した場合や銀歯の場合にもメタルボンドを使用すれば、奥歯や脇の歯も白い歯にすることができます。奥歯などの変色や銀歯が気になる人は是非メンタルボンドを利用してください。

しかし、メタルボンドを装着するには歯を大きく削る必要があります。ちょっとだけ歯が変色していて、少し削れば済む治療なのに、歯を大きく削るのは勿体無いですので、メタルボンドは不向きな治療です。歯が少しだけ変色しているような場合は、歯科医に相談して他の的確な治療方法を見つけるようにしましょう。

スポンサードリンク


▲サイトトップへ戻る

レーザーやライトを使ったホワイトニング