TOPページ > レーザーやライトを使ったホワイトニング > ビヨンドシステムのホワイトニング 効果

ビヨンドシステムとは?

スポンサードリンク


ビヨンドシステムとは歯のホワイトニングを行う技術のことをいい、可視光線照射器によって行います。
ビヨンドシステムはアメリカで開発されたもので、日本でも導入する治療院が増えてきています。

ビヨンドシステムで用いられるホワイトニング用のライトは150Wのハロゲン光を光源としています。
しかし約1.6㎞の特殊なフィルターを通して熱を吸収し、発熱を最小限に抑えるために歯への負担が少なくて済むのです。

また低温であるということは、歯や歯髄を痛めないということだけでなく、熱による痛みを抑えることにもつながります。
ビヨンドシステムによるホワイトニングには1回の治療に約30分を要します。

標準で10分・10分・10分を1セットとしています。
これで16本、もしくはそれ以上の数の歯をホワイトニングすることができます。

3万円前後で治療できるのもビヨンドシステムの特徴だと言えるでしょう。
まだビヨンドシステムが導入されていない都道府県もありますが、これから増えていくと考えられます。

 

ビヨンドシステムのホワイトニング効果

ビヨンドシステムは歯のホワイトニングを行うシステムのことで、費用もそれほどかからないことから今注目を集めています。
歯のホワイトニングで用いられる光線には紫外線のメタルハライド、LED、プラズマとも呼ばれるキセノンなどがあります。

ビヨンドシステムのホワイトニングはハロゲンを光源としています。
ハロゲンは発熱するものの、ビヨンドシステムの特徴でもある特殊なフィルターを通すことにより低温に抑えています。

ビヨンドシステムのホワイトニングの効果は大きく、1回の治療は30分ほどで済みます。
この1回30分ほどの治療でほぼ完全にホワイトニングを行うことができます。

さらに2週間ほどの期間を空けてもう一度行うとより白く、高い効果を得られます。
3回行えば、白さはもちろんのこと、再び色素が沈着するのを防ぐ効果もあります。

平均的に10分×3回の治療で上記のような効果を得られますが、人によってはそれが12分であったり、逆に8分であったりします。
いずれにせよ、これまで行われてきたホワイトニングの方法と比べるとものすごい効果だと言えます。

スポンサードリンク


▲サイトトップへ戻る

レーザーやライトを使ったホワイトニング