TOPページ > ホワイトニングで歯を白くする > ブリーチングの効果と費用

ブリーチングとは

スポンサードリンク


ブリーチングとはブリーチという言葉からも連想できるように、漂白することです。
特に審美歯科などの分野で多く用いられる言葉で、ここでは「歯の漂白」のことを指します。

カナダ、アメリカをはじめとする北米地方では口元や歯の美しさはその人の魅力を高める大きな要素として大切にされています。
白い歯はとりわけ大切で、ホワイトニングに関する技術が発達してきました。

日本でも徐々に白い歯への関心が高まり、ホワイトニング、ブリーチングが広まってきました。
ブリーチングにはオフィスブリーチングとホームブリーチングの2種類があります。

オフィスブリーチングは歯科医院にて歯科医が行う歯の漂白です。
ホームブリーチングは歯科医の指導を受けながら、自宅で自分で行う歯の漂白です。

ブリーチングに使用される漂白剤は、これまでにも口腔用消毒剤として使われてきた過酸化尿素、過酸化水素です。
長年の実績により安全性は確保されていますが、まれに不快な症状に見舞われる場合もあります。

 

歯科で行うブリーチングについて

ブリーチングとは歯の漂白のことをいい、最近では日本でもよく行われるようになってきました。
ブリーチングにはオフィスブリーチングとホームブリーチングの2種類があります。

このうち、歯科で行うブリーチングがオフィスブリーチングになります。
オフィスブリーチングは歯科医院に来院して、歯科医が治療するので、ホームブリーチングに比べるとより早く、より高い効果を得ることができます。

ただし、その分元に戻ってしまうのも早い場合があるので、その後の自己管理も大切です。
歯科で行うブリーチングは病院によっても異なりますが、数回の来院で終わります。

数回の来院といってもトレーを作ったり、歯石を取り除いたりなどいくつかの段階を踏むことになりますので、かなりの間隔が空きます。
よって最終的にははじめの来院から数ヶ月かかることになります。

また、オフィスブリーチングとホームブリーチングを併用しながら行うデュアルブリーチングもあります。

 

ブリーチングのホワイトニング 効果

ブリーチングは歯の漂白のことで、アメリカやカナダなどで発達してきた技術です。
ブリーチングには歯科医の指導を受けて自分で行うホームブリーチングと歯科医院で行うオフィスブリーチングがあります。

ブリーチングのホワイトニングの効果の面で言えば、やはり歯科医が歯科医院で行うオフィスブリーチングのほうが効果大きいと言えます。
効果の現れも早く、当日のうちに効果を実感することができます。

ただし、虫歯の治療等で詰め物をしたり、かぶせ物をした場合はブリーリングにより白くすることはできません。
また未治療、治療中の歯があればそれが完了するまではブリーチングを行うことができません。

ブリーチング前の汚れの程度や汚れの種類によって効果の違いに差はありますが、ほとんどの方で見た目にわかるような効果を得ることができると言えるでしょう。
また、オフィスブリーチングとホームブリーチングを併用したデュアルブリーチングもあり、より早く高い効果が得られます。

ブリーチング後、通常のケアを続けていれば3~5年ほど効果は持続します。
これらは毎日の歯磨きや、喫煙習慣、食生活により大きく左右されます。

 

ブリーチングの費用

ブリーチングは歯を漂白して白くする、ホワイトニングのことです。
ブリーチングにはオフィスブリーチングとホームブリーチング、それら2つを併用したデュアルブリーチングとがあります。

ブリーチングの費用については各歯科医院で異なりますが、ここではいくつかの例を挙げてみたいと思います。
オフィスブリーチングの場合、歯の数に関係なく基本料金として35,000円がかかります。

そしてプラスして1本あたり3,000円でブリーチングを行います。
たとえば、上下の前歯6本ずつ計12本ブリーチングを行う場合、35,000円+(3,000円×12本)=71,000円となります。

費用に関してははっきり言って極端に差があるので、治療院によっては基本料金なしの1本4,000円というところや、1,000円程度のところまであります。
ホームブリーチングの場合は自宅で使うブリーチングのキットを購入する必要があります。

このとき専用のマウスピースを歯型をとってつくるため、30,000円またはそれ以上かかります。
ブリーチングは保険適用外となりますので少々の出費の覚悟は必要です。

スポンサードリンク


▲サイトトップへ戻る

レーザーやライトを使ったホワイトニング