TOPページ > ホワイトニングで歯を白くする > パーマネントマニキュアとは

パーマネントマニキュアとは

スポンサードリンク


パーマネントマニキュアとは歯にほどこすマニキュアのことです。
一般的にいうマニキュア、つまり爪のマニキュアと同じように、やはりいつかははがれてしまいます。

食生活や喫煙習慣などによって差は出てきましが、定期的なクリーニングやきちんとしたケアを行っていれば5年ほど維持することも可能です。
歯を削ったりすることなく、白い歯を得られるのはホワイトニングとこのパーマネントマニキュアになります。

ホワイトニングと決定的に違うのは、最終的な色は自分の歯の色ではなく、人工的に塗った色ということです。
ホワイトニングは元の歯の色や状態などにより個人差が大きく、人によってはそれほど効果が得られない場合があります。

この点においてパーマネントマニキュアは、ある程度好みの色に仕上げることができます。
ただ、色を塗るので若干ではありますが歯に厚みが出てきます。

同じように歯のマニキュアにはティースマニキュアがありますが、これは一時的に歯を白くするもので数日で落ちてしまいます。

 

パーマネントマニキュアの効果

パーマネントマニキュアは爪のマニキュアと同じように、歯にマニキュアを塗って白くすることをいいます。
嗜好品や喫煙習慣、歯磨きの仕方等によってかなり差は出てくるものの、パーマネントマニキュアの効果は数年と言われています。

同じように歯へのマニキュアとしてティースマニキュアというものがありますが、これらは結婚式など一時的なイベントなどで歯を白くしたいというときにしか使えません。
またティースマニキュアでは、色の調整をほとんどすることができません。

一方パーマネントマニキュアはある程度好みの色にできますし、できあがった状態のよさもティースマニキュアより期待できます。
パーマネントマニキュアの効果を持続させるためにはやはりその後のケアが重要になります。

日々の歯磨きはもちろんのこと、色の濃い飲食物をなるべく避けること、喫煙をしないことはより効果を長持ちさせるポイントとなるでしょう。
こうした日々の生活以外にも、定期的にクリーニングを行い、普段の歯磨きではケアできない部分をフォローする必要もあります。

歯を白くしたいけど、歯を削ったりすること、痛みへの抵抗がある人、ホワイトニングでは思ったような効果を得られなかった人にはパーマネントマニキュアがオススメです。

スポンサードリンク


▲サイトトップへ戻る

レーザーやライトを使ったホワイトニング