TOPページ > ホワイトニング剤でホワイトニング > オフィスホワイトニングとは

オフィスホワイトニングとは

スポンサードリンク


オフィスホワイトニングとは、歯科医が行うホワイトニングのことです。歯科医の診察の元で、その人の歯の状態に合わせてホワイトニングが行われます。

オフィスホワイトニングは、過酸化水素が入った強いホワイトニング剤を歯に付けて、レーザーなどを照射して歯を白くします。短い時間で一気に歯を白くできるのが最大のメリットです。

しかし、オフィスホワイトニングは一気に歯が白くなった分、元に戻りやすいということや、強いホワイトニング剤によって歯茎が痛んでしまうなどのデメリットがあります。また、治療費が高価であることもデメリットの一つと言えるでしょう。

オフィスホワイトニングは、放っておくと早くて3ヶ月くらいから色が落ち始めることもあります。治療費が高価なだけに、そう頻繁にはオフィスホワイトニングは受けられないでしょうし、強い薬剤を使用するので、頻繁に受けると歯茎の状態も悪くなる可能性があります。

ですから、定期的に歯科医でメンテナンスを受けたり、ホームホワイトニングを併用したりして、なるべくオフィスホワイトニングの効果を持続させる努力が必要になります。

 

オフィスホワイトニングの料金

オフィスホワイトニングの料金は、歯医者によって異なりますが、大体5万円前後の料金を設定しているところが多いようです。ホワイトニングは一度の治療では終わらないので、大体がコースになっているようです。

一般的なコースは3回で、コースの料金を支払えば、他には料金はかかりません。ただし、歯科医によって全部の歯のホワイトニングが対象ではなく、上下の歯を合わせて16本が対象というところもあります。

全部の歯のホワイトニングが希望の場合は、歯1本に対しての追加料金がかかったり、別のコースを選ばなければならなくなりますので、カウンセリングの時に詳しく聞いておきましょう。

また、煙草のヤニやコーヒー、紅茶からの色素沈着がひどい場合は、別の処理が必要になったり、強制的にホームホワイトニングのセットを購入させるところもありますので、その辺もよく聞いておきましょう。

オフィスホワイトニングの料金は歯科医によってまちまちです。高いところは数十万円もの料金がかかるところもあります。しかし、料金が高いからといって、技術が高い歯科医かというと、必ずしもそうではありせん。

ですから、オフィスホワイトニングを行う歯科医を選ぶときは、料金ばかりを参考にするのではなく、きちんとした技術があるか、アフターケアはしっかりしているか、歯科医が色々な質問にきちんと対応してくれるかなどに目を向け、信頼できる歯科医を選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク


▲サイトトップへ戻る

レーザーやライトを使ったホワイトニング