TOPページ > ホワイトニング剤でホワイトニング > ウォーキングブリーチの効果と費用・料金・価格

ウォーキングブリーチについて

スポンサードリンク


虫歯の治療で神経を抜いてしまった歯は徐々に黒ずんできてしまいますよね。その黒ずみを取ることができるのがウォーキングブリーチです。

一般のホワイトニングはホワイトニング剤を歯の表面に塗布して歯を白くしますが、この方法では神経が無い歯にはあまり効果がないため、一般のホワイトニングは神経が無い歯には行われていません。

これに対し、ウォーキングブリーチは神経が無い歯だけに行えるホワイトニングです。ウォーキングブリーチは、神経を取った後の穴に過酸化水素と過ホウ酸ナトリウムを混合したホワイトニング剤を注入し、徐々に歯に浸透させるという方法のホワイトニングで、ウォーキングブリーチは、神経が無く、被せ物や大きな詰め物が無い歯に有効です。

ウォーキングブリーチは、この歯の神経の穴にホワイトニング剤を注入するという施術を3~5回ほど繰り返す必要があります。一般的なオフィスホワイトニングのようにすぐに歯が白くなるわけではありませんので注意しましょう。

また、ウォーキングブリーチの施術では歯の神経の穴を利用するため、歯を削らなければなりません。歯を削るなら痛いのでは?と心配する人がいますが、施術をする歯はもう神経が無い歯ですので痛みはありません。安心して施術を受けましょう。

 

ウォーキングブリーチは保険が適用できる?

神経が無い歯を白くすることができる唯一のホワイトニングであるウォーキングブリーチは、どこの歯科医でも行っています。以前は、保険が適用されている治療の1つだったのです。

しかし、ウォーキングブリーチは平成18年4月から保険が適用されなくなってしまいました。ウォーキングブリーチを受ける場合の費用は全て自己負担となります。

保険が適用されていたときは、1回の治療が数百円で、1本の歯のウォーキングブリーチ代は1000円程度で済みましたが、今は10000円ほどかかります。歯科医によってはもっと高い費用を請求するところもあるでしょう。ウォーキングブリーチに保険が適用されなくなるなんて、とても残念ですよね。

神経が無くなった歯はどうしても弱くなって色も変色します。最初はちょっと茶色っぽくなるぐらいですが、放ってとくと黒くなってきて、やがてその歯はボロボロになってしまい、抜歯または被せ歯などの義歯を使うことになります。

ウォーキングブリーチで神経が無い歯をきれいにするということは、このように歯がボロボロになることを防ぐのにも役立ちます。保険は適用されませんが、数十万円もかかるわけではありませんので、是非、ウォーキングブリーチを受けて、自分の歯を大切に使ってほしいと思います。

 

ウォーキングブリーチ 費用・料金・価格

ウォーキングブリーチの費用・料金・価格は、以前は保険が適用されていましたので、1本のウォーキングブリーチ代は1000円程度でした。しかし、今は保険が適用されませんので、10000円~30000万円ほどかかります。

それと、ウォーキングブリーチをする前に、歯の状態を見るためにレントゲンを撮ったりして検査を行いますが、この検査費用も別途にかかります。検査費用に関しては保険を適用するところがほとんどだと思いますが、歯科医によって異なりますので、ウォーキングブリーチを受ける前に確認しておきましょう。

また、ウォーキングブリーチの費用・料金・価格は歯科医によって異なります。5000円でやっているところもあれば、30000円かかるところもあったりして、本当に様々です。料金の高い歯科医が必ずしも良いというわけではありませんので、その歯科医の口コミなどを参考にして信用のおける歯科医を選びましょう。

ウォーキングブリーチは、他のホワイトニング同様、月日が経つにつれ色が落ちてきてしまいますのでアフターケアはどうしても必要です。歯科医によってしっかりアフターケアをしてくれるところと、そうではないところがありますので、そのような点にも気をつけて歯科医を選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク


▲サイトトップへ戻る

レーザーやライトを使ったホワイトニング