TOPページ > ホワイトニング剤でホワイトニング > ダイレクトボンディングの効果

ダイレクトボンディングとは?

スポンサードリンク


ダイレクトボンディングとは、審美性の高い樹脂を接着剤で直接歯に盛り付けて、歯と歯の間の隙間を埋めたり、歯の高さを調節したりなど、歯の修復をするための治療方法です。

歯と歯の間には虫歯ができやすいですが、その虫歯を治療すると削る必要があるので、どうしても隙間ができていまいます。その隙間を、通常では保険内の治療としてレジンと呼ばれる材料で埋められるのが一般的な治療です。しかし、レジンは徐々に変色してしまい、特に前歯は目立ってしまうので、度々治療を受ける人もいます。

それに対し、ダイレクトボンディングは、光沢や色など、見た目を本物の歯のように近づけることができ、変色もほとんどしません。ダイレクトボンディングは従来のレジンに比べて非常に審美性が高い治療法なのです。

しかし、ダイレクトボンディングは、保険が適用されないこともあり、歯と歯の間のちょっとした隙間や、歯の高さをちょっとだけ修復するような治療に向いており、歯が大きく欠けたときのような大きな修復の治療には向いていません。そのような時は従来通り、義歯を装着するなどの治療方法が取られることになります。

 

ダイレクトボンディング法

ダイレクトボンディング法とは、ダイレクトボンディングを利用して、歯と歯の隙間を埋めたり、噛み合わせの調節したりする治療のことをいいます。

ダイレクトボンディングは、レジンや銀の詰め物などに代わって、歯に樹脂を直接盛っていく治療法ですが、本物の歯に近い色や光沢を再現できるので、審美性が高く、また耐久性も良くなり、変色もしにくいというメリットがあります。

また、ダイレクトボンディングは型を必要としませんので、スピーディーに治療ができるというメリットもあります。ですから、ダイレクトボンディング法は前歯に使用したレジンが変色してしまった人や、すきっ歯になっている人、噛み合せの調整で奥歯などをちょっと高くしたい場合などちょっとだけ補修が必要な場合に適した治療法です。

ダイレクトボンディング法はこのように簡単な治療で高い審美性が得られます。術式は従来のレジンとほとんど変らないので、どんな歯科医でも行っています。しかし、仕上がりは歯科医の技術の高さによって大きな差があるようです。下手な歯科医にかかると、すぐに欠けたり、割れたり、変色する場合もあります。

ダイレクトボンディングは、保険が適用されない治療でもありますから、このようなことにならないように、なるべく技術の高い歯科医を選ぶことが大切です。

 

レジン ダイレクトボンディングは自費で行うの?

レジンのダイレクトボンディングは、従来のレジンと比べて変色が起こりにくく、色や艶を本物の歯のように再現できる審美性がとても高いものです。前歯など、目立つ部分の歯の補修にとても適しています。

しかし、従来のレジンは保険内での治療ができますが、ダイレクトボンディングは保険が適用されませんので、ダイレクトボンディングは自費での治療になります。ダイレクトボンディングを使用する大きさや、歯科医によって違いますが、、大体1本の歯にダイレクトボンディングを使用すると、1万円前後の費用がかかります。

保険外の治療といっても、セラミックの義歯などを装着する費用と比べたら、ダイレクトボンディングは安価なので、利用しやすいですよね。前歯のレジンが気になるという人や、笑ったときに銀歯が見えて恥ずかしいという人は歯科医に相談して、ダイレクトボンディングを利用してみてはいかがでしょうか。

でも、ダイレクトボンディングは、歯が大きく欠けたときのような大きな補修には向かない治療法です。樹脂を歯に直接盛っていくために、あまり大きな補修になると欠けやすくなってしまうためです。自分の歯の治療にダイレクトボンディングが向くかどうか、まずは歯科医に相談してみましょう。

 

歯科のダイレクトボンディングの効果

歯科のダイレクトボンディングは、最新の樹脂を直接歯に盛って、虫歯を削った後や、歯と歯の隙間などを補修する治療法ですが、ダイレクトボンディングの最大の効果は、審美性が高いので、本物の歯のように見せることができるということです。

虫歯の治療のために削った後などは、従来は保険が適用されるレジンや銀の詰め物が使われていますが、これらは本物の歯と色も艶も全く違うためにどうしても目立ってしまいます。特に前歯の治療に使われていると、最初は白いレジンでも徐々に変色してきてしまいますので、人によっては気になって人前に出れないという人もいるようです。

ダイレクトボンディングは、このような目立って仕様が無い詰め物を、まるで本物の歯のように見せるのです。見た目には削った後や隙間が無くなってしまいますので、美しい歯でいることができます。

また、ダイレクトボンディングは、歯を美しく見せるだけではなく、従来の詰め物をするよりも耐久性が良くなるという効果もあります。従来なら、詰め物が外れたり、変色したりして度々治療を受ける必要がありますが、ダイレクトボンディングだとそのようなことも無くなります。

スポンサードリンク


▲サイトトップへ戻る

レーザーやライトを使ったホワイトニング