TOPページ > 人口の歯でホワイトニング > オールセラミッククラウン法について

オールセラミッククラウンとは?

スポンサードリンク


オールセラミッククラウンとは、全体がセラミックでできている被せ歯、差し歯のことです。セラミックとは陶器(焼き物)のことをいいます。
虫歯が進行すると、削る部分が大きくなってしまい、被せ歯や差し歯を装着しなければならなくなりますが、保険が効く被せ歯や差し歯は前歯3本までしか使うことができないうえに、本物の歯と色も艶も違い、変色がしやすいという欠点があります。

それに対して、オールセラミッククラウンは、保険は適用されませんが、見た目が本物の歯に非常に似ているのが特徴です。そのうえ、オールセラミッククラウンはほとんど変色しませんし、汚れも付きにくいというメリットがあります。

また、全てセラミックでできているので、金属アレルギーや金属の影響によって歯や歯茎の色が変る心配もありません。

ただし、セラミックですので割れやすく、本物の歯より硬くできているので、噛んだときなどに他の歯を傷つける可能性がありますので、注意をする必要があります。

 

オールセラミッククラウン法について

オールセラミッククラウン法とは、陶器でできたオールセラミッククラウンを利用した歯科矯正で、矯正器具を装着しないで矯正する方法です。
歯を矯正するには、従来なら矯正器具を装着し、長い時間をかけて少し筒矯正しますが、矯正器具を装着すると見た目が悪く、不便ですし、治療期間がとても長いため、それを敬遠して歯の矯正を諦めてしまう人がたくさんいます。

それに対し、オールセラミック法は矯正器具を装着しないで、短期間で歯の矯正をすることが可能です。オールセラミッククラウンは金属を使用していませんので、どんな歯並びが悪い人でも利用することができます。

また、オールセラミッククラウンは艶や色が本物の歯に近いので、見た目も違和感がありません。ですから、歯並びが悪い人ばかりではなく、歯が変色している人などにもおすすめです。

しかし、オールセラミッククラウンは歯を削らなければならないこと、陶器なので割れやすいこと、保険が適用されないので費用が高額であることなどのデメリットがあります。

 

オールセラミッククラウンの料金・値段

オールセラミッククラウンは審美性が高い差し歯、被せ歯ですが、残念ながら保険が適用されません。オールセラミッククラウンを装着する場合は自費での治療になります。

オールセラミッククラウンの料金や値段は歯科医によって異なりますが、1本8万円~20万円というのが相場です。この料金にレントゲン代など、オールセラミッククラウンを装着するための治療費も含まれているところがほとんどです。

また、オールセラミッククラウンは陶器でできているため破損しやすく、破損した場合は再治療になりますので、1年~3年の保障期間を設けている歯科医が多くなっています。

オールセラミッククラウンに保障が付いていると聞くと、そんなに破損しやすいのだろうかと心配になりますが、オールセラミッククラウンはまだ新しい差し歯・被せ歯の材料ですので、はっきりと分かっていないのが現状です。現在のところ、オールセラミッククラウンが破損した例は、オールセラミッククラウンを装着した総数の5%だそうですから、陶器といえども、それほど簡単に割れてしまうものではなさそうです。

▲サイトトップへ戻る

レーザーやライトを使ったホワイトニング