TOPページ > 人口の歯でホワイトニング > ラミネートベニアについて

ラミネートベニアとは?

スポンサードリンク


ラミネートベニアとは、歯を薄く削って薄いセラミックのシートを貼り、歯を白くする方法のことをいいます。生まれつき歯の色が黄色い人やホワイトニングで白くなりきれなかった人などにおすすめの治療法です。

また、ラミネートベニアはセラミックの大きさや形を調整することでちょっとした歯並びを矯正したり、すきっ歯を埋めることもできますし、虫歯や磨耗で変形してしまった歯の補修をするときなどにも使われています。

ラミネートベニアの良いところは、材質がセラミックですので、変色したり磨り減ったりする心配がないこと、そして、セラミッククラウンなどの差し歯や被せ歯に比べ、歯をたくさん削る必要がなく、歯茎を傷めないこと、歯の色を調節しやすいことなどが挙げられます。

しかし、虫歯などで歯がたくさん削られたりして、大きな補修が必要な場合は、ラミネートベニアを使用することはできません自分の歯にラミネートベニアが使えるかどうか知りたい場合は歯科医に相談してみてください。

 

ラミネートベニア法について

ラミネートベニア法とは、ラミネートベニアを利用して歯の矯正をすることをいいます。

ラミネート法は歯を薄く削ってセラミックのシートを貼る治療法ですが、そのセラミックの大きさや形を調節することでちょっとした歯の矯正が可能になります。

ラミネートベニア法がどのような矯正に向いているかというと、すきっ歯や変色した歯、歯並びの悪い歯、ねじれた歯、磨り減った歯などです。従来の矯正やホワイトニングよりも短期間で治療することができますし、差し歯や被せ歯と比べあまり歯を削る必要がありませんので、痛みもなく、歯の治療をする人の負担になりません。

ラミネートベニア法を利用すると、このように短期間で美しい歯並びと白い歯を手に入れることができます。少しの歯並びの悪さや変形した歯でお悩みの方におすすめの治療法です。

しかし、ラミネートベニア法は保険が適用されないため自費での治療になること、一度貼ると取り外すことができないこと、使っている内に剥れてしまうことなどのデメリットがあります。歯科医によく相談して、よく検討のうえ、治療を受けるようにしましょう。

 

ラミネートベニアの料金・価格

ラミネートベニアは短期間で白い歯と美しい歯並びを手に入れることができる素晴らしい治療法ですが、残念ながら保険が適用されません。ラミネートベニアの治療は自費での治療になります。

ラミネートベニアの料金・価格は歯科医によって異なりますが、大体、1本で5万円~15万円ほどかかります。何本も治療するとかなり高額になりますので、ラミネートベニアの治療を受ける場合は、予めどれくらいの料金・価格か確認しておきましょう。

しかし、ラミネートベニアの治療は高度な技術が必要で、下手な歯科医にかかると、使っている内に剥げてしまったり、歯がとても大きくなってしまったりなどのトラブルが起こりやすくなります。

料金・価格が高額なだけに、ラミネートベニアの治療を受ける場合は歯科医選びは慎重に行わなければなりません。まずは、かかりつけの歯科医に相談して、ラミネートベニアの治療を行っている歯科医を紹介してもらうなどの方法を取りましょう。

 

ラミネートベニアのデメリット

ラミネートベニアは白くて美しい歯を提供してくれますが、デメリットもいくつかあります。

そのデメリットとは、保険が適用されないために費用が高額であること、歯を少しですが削らなければならないこと、一度取り付けると取り外しができないこと、噛み合せなどによって剥げてしまうことがあること。

そして、ラミネートベニアは薄いシートですが貼り付けると歯が多少大きくなってしまうため、下の歯が大きくなり過ぎる場合があります。その場合は下の歯に貼り付けずに、上の歯だけに貼り付けることもなり、上と下の歯のバランスが悪くなってしまうというデメリットもあります。

ラミネートベニアにはこのようなデメリットがあります。また、ラミネートベニアは高度な技術が必要なため、きちんと歯科医を選ばなければこのようなデメリットが起こりやすくなります。

ラミネートベニアの治療はどこの歯科医でも行っているわけではありませんが、かかりつけの歯科医に相談するなどして、良い歯科医を選ぶようにしましょう。

スポンサードリンク


▲サイトトップへ戻る

レーザーやライトを使ったホワイトニング